はじめに

これまで、癌をはじめとする様々な疾病の原因遺伝子解析、或いは、生物の形質に関わる遺伝子解析のために、マイクロアレイ、リアルタイムPCR等の方法が良く利用されて来ました。

最近、RNAシークエンスが誰でも利用できるようになり、また、シークエンスに掛かるコストも下がってきていることから、遺伝子の特定の領域だけをターゲットしたものから、トランスクリプトの全領域の発現状態(スプライス部位の変化等)も解析出来るRNAシークエンス法に移りつつあります。この方法は、アンチセンスRNA等のnon-coding RNAも解析でき、より網羅的な解析が可能です。しかしながら、RNAシークエンス法で得られた、シークエンスデータをどのように解析するかが難しいのが現状です。弊社では、Trinity GMAP等を取り入れて、発現を詳細に解析し、お客様に解析結果を提供するサービスを始めました。ご利用頂ければと思っています。  また、細胞増殖の過程で起こる、染色体再編で生じる融合遺伝子が細胞癌化の引き金になっていることも言われており、癌組織で癌化の要因の一つである融合遺伝子の探索が行われています。弊社では、RNA解析の一環として、融合遺伝子の探索も行っています。これも併せてご利用頂ければと思っています。

実験間で、差異のあるエクソンの領域が検出された場合、その領域の機能を知る手がかりを得る方法の一つとして、臓器・組織のどの部位、どの細胞で、その領域が発現しているかのを明らかにすることだと考えられます。組織・細胞レベルでの遺伝子発現解析分野で、均質且つ高品質の材料、情報を提供すると共に、発注元様が必要とされる遺伝子発現の受託解析を弊社が代行することにより、当該分野に貢献することを目的としています。

新たな取り組みとして、環境DNAシークエンスデ-タを解析することにより、環境中の生物種 そして、量の推定を行っています。具体的には、現在登録されている塩基配列を基に、種特異的な配列を検索、ライブラリ化し、そのライブラリと比較することにより、生物種の特定と量を推定します。

その他として、SNP解析等で形質に関与する遺伝領域の特定、特定配列を可視的に検出するPrintedArrayStripの開発も行っています。

つくば遺伝子研究所は筑波大学発のベンチャー企業で、(独)農業生物資源研究所の研究支援を受けています。